Adrien Moignard
アドリヤン・モアニャール

■Profile
1985年生まれ。
「Selmer 607」や有名なストケロ・ローゼンバーグなどと世界ツアーも経験。
2009年にはデンマークの有名なラジオ番組主催の「Django Reinhardtcelebration project」というイベントに招待される。
2010年に自身のアルバム「All the way」をリリース。「french jazz awards」の候補に挙げられる。
世界中の多くのフェスティバルに出演する。
2011年に「Django Drom」というビッグプロジェクトに参加。
メンバーは( Bireli Lagrene, Didier Lockwood, Stochelo Rosenberg,jean Marie Ecay, Norig…).
有名なフランスの映画監督「Tony Gatlif」(トニーガトリフ)の映画上映でライブ演奏をする。
Didier LockwoodはAdrienのことを「「彼の世代で最高のギター・プレーヤー」と称賛。
2012年には古くからの友人でもある素晴らしい歌手Cyrille Aimee(シリル・エイメー)とユニットを組む。
パリのすべてのジャズクラブで、そして、世界のフェスティバルで彼自身のトリオでプレイします。
(Australia, Colombia, Equador, Peru, Algeria, brazil…)
2013年にはアメリカのユナイテッド州で開催されるジャンゴ・ラインハルトの大きなミーティング「Django in june」に参加。
本場フランス・サモアで開催される「Django Reinhardt Festival」には2009年頃から今年まで自身のユニットや様々なアーティストとのユニットで出演をしている。
2017年にはアジアで最大級のジャンゴフェス「ジャンゴ東京フェスティバル」に出演。